CD900STについてのあれこれ知識

ソニー・ミュージックスタジオ内で開発・使用されていたものの、プロが実際に使っている場面が雑誌やメディアに露出することで民間でも人気が高まり民生用に開放された「MDR-CD900ST」

テレビ局の音声さんなどは文字通り100%これを使っていますし、レコーディングスタジオでも他の追随を許さない信頼度をもって扱われています。

音質云々もそうですが、プロの現場で当然求められる「完動性・耐久性」と「扱いの容易さ・装着時の違和感のなさ」が高い次元でまとめられているからこそのシェアだと考えます。

現場では時間が命、余計なことなど考えていられませんし、ことボーカルレコーディング時になんてなおさら。

人間の声は数時間でも変化しますし、そのメンタルも変化します。

ちなみに、本来の使い方としてはレコーディングの際のモニター用途やコントロールルームでのアウトテイク要素探し(ノイズや変なピークがないか等)というものであり、これでMixする場合はほぼ皆無であることにご留意

(初めて出向くスタジオでモニタースピーカーの音になじみがない場合に、聞きなれた900STと比べて特徴をつかむ、というような使い方はします)

安室さんや米津さん、HIKAKINさんなど、有名な歌手さん(とか)が使っているところが最近もメディアに流れていますね。


スポンサーリンク

兄弟分

さて、そんな900STは1989年発売。

30年近くにわたって基本仕様を変えていない、完成されたヘッドホンと言えますが、そんな中でもいくつかのバリエーションが生まれています。

ヘッドバンドの「STUDIO MONITOR」の文字がない。ちなみに「DIGITAL MOMNITOR」だった時期もある

900STの系譜のもとになったのが「ST」のついていない「MDR-CD900」であることは知られています。この初代CD900は折り畳みの装備、カールコードの仕様。

このMDR-CD900はデフォルトで折りたたみが可能で、カールコード仕様。現在でいうMDR-V6の仕様に近いものです。

同時期にMDR-700というのも発売され、こちらは折り畳み機能がなく、ストレートケーブルであるなどの違いがありました。

mdr-v6。カールコード、現行品かつ無改造で折り畳み可能な900stファミリー。

mdr-v6。カールコード、現行品かつ無改造で折り畳み可能な900stファミリー。

この初代MDR-CD900が好評を博す中、スタジオ向けに仕様を変えてCBSソニー信濃町スタジオ(現ソニーミュージックスタジオ)に提供されたのが「MDR-CD900CBS

さらにそれを一般スタジオ向けとして発売されたのがMDR-CD900STとなります。

分かりにくいのが、MDR-CD900ST(現行品)にはハウジングのモデル名表記が「MDR-CD900のまま」出回ったものがあり、紛らわしいことになっています。

この場合、折り畳み機能の有無やストレートかカールコードかによって判別することになります(改造されていなければ) 

初期物の900ST。「MADE IN JAPAN」が刻印。

現行品の900ST。「MADE IN JAPAN」はシール。

900ST以外のSONYプロ用ヘッドホン


900STが「赤帯」や「赤ライン」と呼ばれるのに対し、「青帯」や「青ライン」と呼ばれる「MDR-7506」というモデルもあります。スティーブン・スピルバーグ監督が愛用することで知られ、海外スタジオではATH-M50xと並び人気を二分します。

違いとしては、再生可能周波数が900STが10~30,000Hzであるのに対し7506は10~20,000Hzである点。

また、900STにハウジング内部に音の内部反射をコントロールするためのクッションがあるのに対し、7506にはそれがなく、出音として900STが張り付いたように前面で鳴って聞こえるなら、7506は音が遠く、音楽を聴くとどこか濁ったような響きがあります。

イヤーパッドの薄さも違い、900STはぺたんとしたパッドになのに対して7506はやや深みのあるパッドを採用しており、耳とドライバーの間にできる空間の違いが音の違いを生んでいるものと思われます。900STの装着感は耳に乗っかる感じで、ドラムレコーディングなどで激しく動くと簡単にずれますが、7506はそれより多少グリップが強く、その一方で同じく所有するATH-M50xのように強烈な圧迫感も無い絶妙なライン。

私は旧型CD900STと現行900ST(改造品)を共に持っていますが、自宅での制作はこの7506をメインのヘッドホンとして使用しています。

なぜなら、これは「Waves NX」に対応しているので、出音についてはほとんど無視し、装着感だけで考えることができるからです。

とはいえ本機は20,000Hzまでの「CD帯域」までしか再生しませんので、昨今のハイレゾに対応した制作をする際にはATH-M50xを使います。

ちなみに、7506を分解してハウジング内にティッシュペーパーを突っ込むと、濁りがほぼ解消されます(笑)

スポンサーリンク

プロミュージシャン用イヤホン

また、同じSTのシリーズにイヤーモニター用途向けのイヤホン「MDR-EX800ST」も存在します。

MDR-EX800ST。音質はもちろん、ライブ中に同期を流しつつ跳ね回るといった、ハードな使い方をしても外れたりしない。

これはライブ中に他のパートの演奏やインカムを聞いたりする為のイヤホンなので、サウンド面では低音強調やボーカル強調といった「余計な事」をせず、入力された音をそのまま出します。

それよりも長時間装用時の装着感やグリップなどを重視しているので、派手な音に慣れた一般リスナーが満足感を得られるかというと微妙かもしれませんが、実際にパフォーマンスで使うミュージシャンは多数います。

少なくとも、私はもう数千円台のイヤホンでは外れるのが怖くて動き回れません。

こんなことしてるんだから当然ですがね。
SONYの最新スマホと、世界レベルの写真家がこぞって使うカメラの「撮り合わせ」対決。
スポンサーリンク
おすすめの記事