DTMer目線で見る、interBEE 2019【写真】

2019/11/13~15日にかけて幕張メッセイベントホールにて行われました、映像制作や情報技術の最先端展示会「interBEE 2019」に参加してまいりました。

この記事では、音楽制作者/DTMerやスタジオ目線でレポート。NAMMなどとは違い放送や制作系の業界がメインですが、プロオーディオ部門としていくつかの企業が出展しています。

スポンサーリンク

Hook UP

MAMLEYやUNIVERSAL-AUDIO、Rupert Neve Designesといった高級ブランド的な製品を展示。

手前がSHELFORDと5211 Mic Pre、奥にPortico Ⅱ。5017等DIシリーズも展示。
XPERIA1 Cinema Proから切り出し。
UA610やRNDの500モジュール、MANLEY Vari-Mu等定番機。RND RMP-D8ヘッド、下段にはHeritage Audioも
マイク三兄弟。MANLEY Referenceシリーズ
XPERIA1にて撮影、OX AMP。思っていたよりでかい。Kemperとまでは言いませんが
Townsend LABのマイクも展示。
5060センターセクションとRNHP ヘッドフォンアンプ 。

Avid

interBEEはどちらかというとMAとかポスプロの"Media Composer"カラーが強めですが……?

なんと新作、個人サイズのコントロール・サーフェス、AVID S1。
2019/11/15現在世界に4台しかなく、うち2台が会場にあったそうな(笑)

~スタンドの説明書きより引用~

価格:¥168,300(税込)

Avidのハイエンド・コンソールの比類のないスピード、豊富なビジュアルフィードバック、ソフトウェアとの統合を、限られたスペースや予算に応じて簡単に導入できるサーフェース。

~スタンドの説明書きより引用終わり~

スポンサーリンク

TAC System

iZotopeやNecter、Neutronを使ったセミナー。というか、通りがかった音楽制作系セミナーのほとんどで「Ozone8/Ozone9」が使われていましたよ。

NECTARやOzoneは、商業のスタジオでも普通に使っています。特にポスプロでは大変重宝!

● Ozone 9 Advanced
● Tonal Balance Control 2
● Neutron 3 Advanced
● Nectar 3
○ Celemony社のMelodyne 4 essential(別途ダウンロード必要)
● RX 7 Standard
● VocalSynth 2
● Insight 2
● Relay
● Exponential Audio R4
● Exponential Audio NIMBUS

■これだけ入って、何故か¥63,360 税込。在庫僅少とのこと、検討中の方はお急ぎください。

Jonathan Wyner氏や、 株式会社マリモレコーズ 江夏 正晃氏 も交えつつ。

NECTAR編。

説明を聞く限り、ライブでのレコーディングなんかに便利そうな印象。iZotope Spire

定価¥170,000RX Post Production Suite 3(無償アップグレード権付き!)が現在¥96,030(税込)。

破裂音/マイクのバンプ音/不安定なレベルなどの問題を抱えたオーディオを修復し、音質改善が行えるソフト、RX 7に加え、自動でEQやコンプ処理を行ってくれるNeutron 2 ADVも収録。Neutronも3へと無償アップグレード可能です!

Media Integration

Ozoneを使ったマスタリングセミナーを聞きつつ、Waves社やMcDSP等安定メーカーの最新情報を。

DiGiGrid。
DiGiGrid。ライブPAでよく見ますよね。
McDSP。"APB-16"
focusrite。
X2P。

~スタンドの説明書きより引用~

高品位なRed Evolutionマイクプリを搭載する 2×2入出力のDante 対応コンパクト・インターフェイス。ダイレクトモニタリング機能でボーカルブースにも使用できるなど幅広い使い方が可能。
税別価格\110,000

~スタンドの説明書きより引用終わり~

MI7

個人的に、今回最も気になったのがこちら、Sofube Console 1 Fader

フェーダーノブも4000っぽい色(笑)

私がわざわざアメリカに渡ってセミナーを受ける程尊敬しているProducer/Mixer、Micheal Brauer氏も愛用するSoftube Consol 1。
SSL4000Eや9000K、API等を再現するそのサウンドはUAD-2と完全に並び、使い勝手とミックス時の感覚は完全にアナログのミキサー。

そんな、EQとコンプ、ゲートをコントロールする従来のConsole 1に加えてFaderを導入すれば、さらにトラックボリューム操作とトランスポート操作をもフィジコンにて可能に。ただし、トランスポート機能が全DAWで使えるかは未確認。詳細の発表はおそらく年内とのことでした。

ボリューム、各チャンネルの歪み具合、ドライブのキャラクター(歪み方)のノントロールも可能。頻繁に変えるものではありませんが、フェーダータッチ、意外と便利です。

RME Babyface Pro。
Apogee。


Solid State Logic

70年代エイコーンAシリーズの時代から、アナログコンソールとしては比較的クリアな音を志向する印象。でも無菌室とまではいかないのが美味しい。SSL SiXもその例に漏れず。

XL-Desk
500シリーズとVHD-Pre等。
SSL-SiX。続々と学生さんたちが試していたのが印象的でした。

HIBINO

AKG/Harman社のヘッドホンを聞き比べられるブース。

私自身は、AKG K271 MK.2を使用しています。

YAMAHA

ラインアレイスピーカーなどありつつ、DAWでNeundo 10

スポンサーリンク
おすすめの記事