ProTools:全オートメーションを一括削除する

ProToolsセッションを受け取った際、アレンジの意向としてボリュームやパンのオートメーションが書かれていることがあります。

これが有効のままだと、

ミックスの過程でフェーダーを動かしてもオートメーションの位置まで勝手に戻ってしまいます。

オートメーションを一括削除する手順をご紹介します。


この際、アレンジを見失わないようにオートメーションをProTools付属の「Trim」等にコピーしておくのが プロの常識。

実際の、オートメーションが書かれたセッション画面がこちら。

波形画面では見えませんが、オートメーションデータがすでに書き込まれているため、

ミキサー画面でフェーダーをいじっても元の位置に戻ってしまいます。

下準備:編集画面の右下「縦軸の-(マイナス)」ボタンで、各トラックの高さを縮める

記事内容

スポンサーリンク

実際の手順

各トラック名の左横、下向きの三角ボタンをクリックすると

通常は波形が表示されている部分に

ボリューム(フェーダー位置)のラインを表示させることができます。

ProToolsショートカットキーの基本、「Altキーは全体適用」を思い出して。

③Altキーを押しながら三角矢印をクリック、

"トラック ビュー"から"ボリューム"をクリックしてください。

 

後は簡単、

④選択ツールでオートメーションデータをカバーするようにドラッグし

「Delete」キーでOK。

 

以上です。

スポンサーリンク
おすすめの記事