Wavesプラグイン インストール&アクティベート
https://ashmallofficial.com/waves-plugin-download/

こちらの記事の続きとなります。
スポンサーリンク

Waves製品のダウンロードとインストール

前回の記事にて、Waves社製プラグイン/バンドルを半永久的にかつ常に10%割引価格にて購入する方法をご紹介しました。

今回はその後に控える「ダウンロード、インストールとアクティベーション」の処理、つまりWaves Centralのインストール方法/使い方について解説します。この場面まで来れば、もう簡単ですのでご安心を。

一昔前まではiLokが必要でめっちゃ面倒だったんですけどね(笑)

Waves Centralのインストール

こちらをクリックで、ダウンロードページへとジャンプします

Waves社製プラグインは、そのすべてのインストールとアクティベーションの管理をWaves Centralというソフトで行います。さて、


前回の記事の最後の状態のままであれば、購入処理の完了を示すこの画面が表示されているはずです。

この画面の上、Wavesロゴの右側にあるメニューから「DOWNLOAD」を選ぶと

このような画面が表示されます。

この「DOWNLOAD」からの「Products」メニューにあります

Latest Version(Waves Central)」をクリック。

こちらをクリックで、ここまでショートカットできます

この画面が、Waves Centralのインストール画面になります。Mac OSあるいはPC(Windows)を選択すれば、自動で最新版がダウンロードされます。


こちらがWaves Centralのメイン画面。

初回起動時には、Waves社のアカウントにログインする画面が表示されるかと思います。

アカウントの取得方法はこちら

その後、3つのうちの左「EASY INSTALL & ACTIVATE」をクリックで

この画面に。購入処理が完了したものがここに表示されているはず。

それをクリックし、右下の「INSTALL&ACTIVATE」をクリックすれば、後はソフトが勝手にインストール&アクティベートをしてくれます。その後、念のために左上の戻るボタンで

最初の画面に戻り、今度は3つのうちの右「MANAGE LICENSES」で

ライセンスを確認しておきましょう。1.こちらの画面の左側で「My License Cloud」をクリック、

2.中央に購入した製品のライセンスが表示されますので、中央やや上の「□Select ALL」の□をクリック。

3.USBメモリやコンピュータ(Windows等)など、ライセンスを置いておく場所を選択

4.「SEND LICENSE」をクリック

これで、プラグインのライセンス設置も完了、あとはDAWを起動して、

DAWにプラグインを検索させるだけで導入完了です、お疲れさまでした~

スポンサーリンク
おすすめの記事