WordPress:メニューにちいさな文字の説明を追加

多くのWordPress使用サイトで見られる、こういった形のメニューバーの作り方。

スポンサーリンク

作業手順

元の形がこちら。

ダッシュボードの「外観」より「メニュー」にて普通に作成しただけの形。メニューとしての体裁は成していますが、いまいち主張が足りません。


「メニュー」編集画面の上部やや右側、「表示オプション」を選択。

表示される設定画面にて、最後尾「説明」にチェックボックスを入れます。

表示される設定画面にて、最後尾「説明」にチェックボックスを入れます。

すると、メニュー編集画面に「説明」が追加されます。

完成したメニューがこちら。
それっぽい!

スポンサーリンク
演奏、音源ミックス依頼、取材/掲載依頼も承ります

福井をメインにネット上でも活動するロックバンド、Ashmallでは、ギターやベース、ドラム演奏やボーカル提供、音源ミックス、コラボや記事寄稿のご依頼を随時募集中です。

ギタリストは絶対音感を持つ米国Musicians Institute卒、大変な価値を持つ1957年製Gibson LesPaul SpecialをメインにFriedman BE-100、Bogner Shiva、'71 Marshall 1987、Fender Twin等各種アンプを揃え、機材や理論にも明るく、ロックからファンクまであらゆるジャンルに対応可能。

音源制作においては、Avid ProTools、Universal-Audio AppoloとUAD-2プラグインシステム、SSL 4000E/9000K(by Softube)、Brainworx Bx_Console N(Neve VXS)/Bx_SSL 4000E等デジタル方面から、Avantone CV-12、Rupert Neve Designes SHELFORD CHANNELやNeve 1064、Chandler Limited TG2-500といったアナログの名機まで、「いい音」を創る為の機材を多数揃えています。

また、自身ライブサポートでドラムも演奏しますので、ロックドラムの打ち込みが得意技。フレーズ/サウンドともに最高な「リアル」ドラムトラックをご提供いたします。

バンド公式Youtubeチャンネルは開設から3か月にして登録者900名を突破、現代ロックバンドの新しい形を提示していきます。

https://youtu.be/w7tGNhCOOJg


// connect //
Instagram: https://www.instagram.com/Ashmall_Official_JP
Twitter: https://twitter.com/AshmallOfficial

// members //
Vocal - https://twitter.com/AkaAshmall
Drums - https://twitter.com/NaixelX0813
Bass - https://twitter.com/secom1027
Guitar/Recording/Mixing - https://twitter.com/mafuyu0318

おすすめの記事